芸術の存在意義「展」 No.2

会期:2010年11月4日(木)〜11月23日(火) 12時〜19時(火曜日12時〜16時)

主題:芸術の存在意義
副題:この時代における作品の在り方

会期中の土曜日15:00〜、ギャラリートークが行われます。具象・非具象絵画、油絵、映像、イラスト、立体作品、インスタレーション、パフォーマンス、など、様々な美術作品をお楽しみ頂けます。


第1期2010年11月4日(木)〜11月9日(火)
 浜中せつお  シマヅヨウ  匂坂祐子  KOIKE IZUMI
 ノブ・ホサナ  梶山こうじ
第2期2010年11月11日(木)〜11月16日(火)
 山村絵美  樹中遊路  Masachiko  鶴田はるか
 菊地絢女  香山洋一
第3期2010年11月18日(木)〜11月23日(火)
 坂本優子  任田教英  井村泰三  Kikuko Sakota
 植野のぞみ  NAKANO

【掲載】
美術の窓11月号/西多摩新聞10月29日付け/朝日新聞タウン情報誌ロカッチャ2011年3月25日(芸存ギャラリートーク風景・出展者 KOIKE IZUMIさんと山口氏)


『芸術の存在意義「展」』の詳細

第1期2010年11月4日(木)〜11月9日(火) 出展作家・参考作品・評論文一覧

第2期2010年11月11日(木)〜11月16日(火) 出展作家・参考作品・評論文一覧

第3期2010年11月18日(木)〜11月23日(火) 出展作家・参考作品・評論文一覧

坂本優子  任田教英  井村泰三

Kikuko Sakota  植野のぞみ  NAKANO.D