描いた絵が10万枚ありました 伊東秀幸 個展

身近な人たちとの会話を アートを通じた発見を

同じ価値観を持つ人との新しい出会いを

アートイマジンギャラリー

描いた絵が10万枚ありました 伊東秀幸 個展

展覧会名:描いた絵が10万枚ありました 伊東秀幸 個展
会期:2016年12月1日(木)〜12月27日(火)
休廊日 水曜日 12:00〜19:00(最終日16:00まで)
会場 アートイマジンギャラリー B室
入場料 無料


描いた絵が10万枚ありました 伊東秀幸 個展。12月1日(木)〜12月27日(火)の4週にわたって、伊東秀幸氏が制作した作品、15万点の中から、風景画、抽象画など、10万点が展示される。
描くは、水、呼吸に比喩される事がある。伊東秀幸の場合どう例えても違う。描かれる事を待っているものが居る、それを知ってしまった時に人は何を行うか。そのひとつの答えが示されているのではないだろうか

作家プロフィール

伊東秀幸 Ito Hideyuki(1982-)
東京都出身
武蔵野美術大学造形学部油絵学科 卒業

受賞歴
第29回上野の森美術館・日本の自然を描く展(2016)
上野の森美術館賞
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/shizen/29/
第28回上野の森美術館・日本の自然を描く展(2015)
サンケイリビング新聞社賞
第27回上野の森美術館・日本の自然を描く展(2014)
美ヶ原高原美術館賞
第26回上野の森美術館・日本の自然を描く展(2013)
JR東日本賞

プレスリリース

伊東秀幸個展フライヤー1 pdf:1.29Mbyte
伊東秀幸個展フライヤー2 pdf:2.74Mbyte